« 2歳を過ぎて・・・ | トップページ | 素麺マスター »

2007年10月16日 (火)

ファジーさに思う

名古屋は晴れ。良い日和。

071017_11000001 昨晩20時に就眠した葵は、今朝は6時から元気にお目覚めでした。(-- )

うちは朝が遅いので、朝の家事を終えて家を出るのは大抵11時過ぎなのですが、今日は葵が早起きだったため、11時からのお話会に参加することができました。

毎週水曜日の11時から鶴舞図書館で行われているもので、一度行ってみたいと思いつつ、なかなか早く出るのもしんどくて、ずっと参加できずにいたのでした。

早起きは三文の得☆

内容は、手遊び歌あり、絵本の読み聞かせあり、紙芝居ありで、かなり充実してました。

時間は30分らしいのですが、子供向けの話で30分持たせようと思うとかなり数をこなさなければならないため、絵本が5~6冊、紙芝居2~3つ、手遊び歌3つほど、という内容でした。

初めは割りと部屋に程よい感じで母子が揃ってたのですが、30分といえば小さい子には永遠とも感じられる?時間なので、途中少しずつ減って行き、最終的には6割くらいになっていました。

葵は途中ちょっと寝そべったりして暴れてましたが、大体大人しく鑑賞してました。開催されてた側の婦人方も上手で、かなりいい感じでした。また参加したいです。(早起きすれば・・・)

 

ここのところ涼しくなってきて、お風呂でママが身体を洗っているとき、ずっとバスタブの中で遊んでくれるので、バスチェアは濡れないし、広くシャワー使えるし、ママ的にはかなりウレシイです。 

大人が適温と感じる湯温では、葵はすぐ音をあげるし、汗だくになってしまうので、湯船の温度は、葵には熱すぎず、大人がギリギリ満足できる温度になっています。

世代の違う人間が一緒に暮らすのは面倒ですが、ちゃんと「落とし所」があるのには、自然の摂理?に感心します。

食事の味付けも、葵にとって濃すぎず、大人がギリギリ満足できる濃さの調理を目指しているし、実際可能なのが、上手く出来てるなって思います。

子供と関わるうち、あれはまずかったなとか、良くなかったとか思うこともあるけど、1回や2回のミスでは悪影響はないし、ひとつの事柄がひとつの結果を生むわけでなく複雑に絡み合っているから、自分の子を育てるという初めてのことも、やっていけるんだな、それって必要な曖昧さだなって思ったりします。

子育てしてると、人間って、ほんと、あいまいな動物で、その曖昧さが生きてく上で凄く有用なんだなって強く感じます。

何ヶ月になったから、何歳になったからこうだ、っていうのでは全然なくて、全て「だんだんと」なこととか。(すっごく当たり前なんだけど)

世の中は白黒はっきり付けるのが流行ですが、もともとカッチリと出来てない人間がハッキリと生きていくのってほんとは不自然なんだろうなって思ったりします・・・ひょっとしたら、日本人が特にそうなだけなのかも知れないけれど。

 

071017_12220001 お話会の後、遊具広場で少し遊んだ後、タンポポ&綿毛スポットへ移動しました。

071017_12280001 葵は草を踏み分け、囲いをくぐり、片っ端から綿毛を摘んでました。

こういう風に根こそぎ摘もうとするのって小さい子に共通の性質なのかな?

とにかくいつも集中してやってます。

 

|

« 2歳を過ぎて・・・ | トップページ | 素麺マスター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2歳を過ぎて・・・ | トップページ | 素麺マスター »