« ブーブー牛&尻尾本ゲット | トップページ | もう少し×2 »

2007年11月15日 (木)

しろいはうさぎはとぶのはからす

名古屋は晴れ。

早起きした葵は、ベッドでママのおっぱいを貪った後、リビングへ移動して、昨晩のパパのお土産の牛を何回も鳴らしてました。

とってもうるさかったです。

ブーブー牛おはよー☆

20071103_111 ←誕生日の時に、パパにプレゼントしてもらった本の内のひとつ、「しろいはうさぎ」。

ママがトイレに入っていたら、リビングから持ってきて広げ、突然自分で読み始めました。

「シリドンドンコミドンドンシリドンドンコミドンドン・・・」(←出だしの韓国語部分)

「ゆらぁりゆらり、くものす、だね。」

に始まり、

「くものすは、しろい」「しろいはうさぎ」「うさぎはとぶよ」「とぶのはからす」

などと、ページをめくっては読んでいます。

黙っているページでも、「お空は・・・?」などと言ってあげると、「あおい」と続けます。

1ページに短い一文ずつだし、言葉が繋がっていくので覚えやすいのだとは思うのですが、かなりびっくりしました。テンポがよく、音感がいいので、歌感覚なのかも知れません。

”いないいないばぁ”とか、”ママ抱っこ”とか、何回も出てくるフレーズは、本と一緒に言ったりしていたことがありますが、どんどん変化していくタイプのものでは、初めてです。

”しろいはうさぎ”、思い出の本となりそうです。

 

ふかいは・・・?

「かあさんのここぉ(こころ)だね☆」 「こぉまい(おしまい)」

 

071115_11140001 いつも湯船からあがる前、ママは10数えるのですが、ママが体を洗ってる間湯船で遊んでいた葵、

「出る。しち、はち、きゅう、しない。」

って言ってました。熱かったのかな・・・。

そして、「しち、はち、きゅう、とお~。」の掛け声?ですが、ここ数日の間に変化して、今日は、

「いち、に、さん、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう!」

って言ってました。もう少しです。

 

20071110_006

 さて、ママと葵はラヴラヴなので、「かわいい葵ちゃん」「ママの可愛い葵ちゃん」などとよく呼んでいるのですが、最近自分でも言い始めました。

「可愛い葵ちゃん、きちゃった☆」

「可愛い葵ちゃんも、くちゅくちゅぺ、する?」

・・・まさに今時期しか許されない罪深い行為ですね!

 

 

|

« ブーブー牛&尻尾本ゲット | トップページ | もう少し×2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブーブー牛&尻尾本ゲット | トップページ | もう少し×2 »