« ゆりあちゃん邸お宅訪問☆ | トップページ | アスナル金山 »

2008年5月17日 (土)

プチ同窓会

名古屋は晴れ。

Img_0002 「電子ピアノ弾く?」と言うので蓋を開けたら、ミニピアノの方へ寄って行き、弾き始めました。

「葵ちゃんは、小さいピアノ。ママ、弾いてていいから~。」

やっぱり椅子は欠かせないみたいで、←横倒しにした椅子の足に挟まりながら鍵盤叩いてました。

椅子がおかしいので写真を取りに行ったら、「いちばんぼ~し~み~つけた、に~ばんぼ~し~み~つけた」と歌っていて、傍らに開いている楽譜を見たら、ちゃんとその歌のページが開いてありました。

□合っているもの

・歌と楽譜

・歌の音程

□間違っているもの

・ピアノの音程

・椅子

Img_0004 →横から見るとこんな感じ。

曲とかは相変らず全然弾けないけど、鍵盤はとってもエンジョイしています。

そういう時期なのか、電子ピアノの影響もあるのか、長いこと超オリジナルだった歌の音程が、最近割りとまともになってきました。

たまに歌詞を無視して、全然適当な歌詞(とすらも呼べないもの)で歌うことがあるのですが、音程だけを聞いていても、何の曲か分かる位です。

最近のお気に入りは尾瀬の歌で、よく歌ってます。

一応譜面見て鍵盤弾かせようと試みたりするのですが、リズムもまともに取れないし、適当極まりないです。歌だと割とリズム(音符の長さ)は正確だったりするのですけどね。まあ実際当面は、『鍵盤に慣れ親しむ』が関の山ですね~。

 

Img_0008 今日はママの大学時代の友人達と会うため、夕方出掛けました。

名駅の居酒屋集合なので、ついでに名駅でパンの材料を買い込みたかったのですが、早起きした葵が15時半頃から昼寝してしまったため断念しました。ほんとは髪ももちょっとちゃんとしたかったのだけどな~。

←寝起きの葵とパパ。

Img_0012 →マンション前の花壇。

この花はちょっと触れただけで花粉が激しく指に付くので、最近の葵のお気に入りスポットです。

花粉チェック

→激しく花粉を取得する葵と驚くパパ。

Img_0014 近所で、スイートーピーを植えていうお宅があって、そのスイートピーが最近は豆になったため非常に葵の興味を惹いていて、今日も少しいじっていたら、

「マメ~

その家のご主人がたまたま近くにみえて、何とマメを頂きました。

マメと言っても、スイートピーのマメではなく、スナップえんどうです。しかも結構ちゃんとした量。

↑マメ袋と葵。

子連れは何かと得しますね~。親切なご主人、ありがとうございました。奥様はとても綺麗な方でした。大事に頂きま~す。

「冷蔵庫に、しまうのね。」

 

Img_0018 名駅の飲み屋、座座はなれに到着。

完全個室だし、名駅がいいという希望が多かったのでここにしたのですが、子連れだと2時間しかダメとかいう制約が、かなりダメな感じです。

Img_0033_2 ママ含む友人5名が全員パートナーを連れてきたので、総勢10名(+子供2名)の中所帯。

→部屋は広々だったので、葵は後半結構暴れ、ママパパの傍を離れて、勝手に遊んでもらってました。

Img_0028_2 ←コウタ君(11ヶ月)と葵を両方の膝に乗せるパパ。

パパは、近未来こうなるのか~ってしみじみしてたけど、当の二人は氷に夢中。

Img_0023 →更にパパは、葵にお酌してもらってゴキゲンでした。

葵たん・・・

葵は全然危なげなく、パパだけでなくママ友人にもお酌してました。立派なもんです。

 

葵は料理もつまみつつ、ご飯とかかなり食べてたし、野菜もそこそこ食べてて、たくさん遊んでもらったし、それなりに楽しかったのじゃないかと思います。

居酒屋メニューだったけど、唐辛子的辛さのもの以外はほぼ食べれてたようです。豚の皮?を気に入ったみたいでやたらと食べてました。渋い好みです。確かに葵の好きな食感ではあったけど。

パパ曰くカラアゲに夢中になっていたとのこと。油物はなかなか家ではやらないからな~。

ママのお皿にあったミニトマトを欲しがったのであげたら、ちゃんと半分ママにくれたのが印象的でした。どうもありがとう。

 

制限の2時間はとっくに過ぎてたし、葵も奇声を上げ始めて「帰る。」と言い出したので、一番乗りで帰りましたが、久し振りに友人たちと集まれて楽しかったです。

葵もパパも、付き合ってくれてどうもありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« ゆりあちゃん邸お宅訪問☆ | トップページ | アスナル金山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゆりあちゃん邸お宅訪問☆ | トップページ | アスナル金山 »